復縁 blog

~あなたの復縁、応援します!的な。~

メール・LINEでのアプローチ③

復縁相手の誘い方

 

復縁相手とのメール・LINEでのやり取りが頻繁に進むようになれば、いよいよ会うための約束までこぎ着けるステップへ移りたいと思います。

 

ただ注意しなければならないのが、自分本位な考えで誘うタイミングを早まらないこと。

強引な早まった誘いは、相手に重く感じさせてしまったり、警戒心や嫌悪感を強めるリスクもありますので慎重に進めましょう。

 

前回お話したアイーダの原理で言うと、あなたに対して最低でもAttention(注意)からInterest(興味)まで持って行くことが出来た状態が必要です。

 

Interest(興味)の状態とは、

・間隔なくメールのやり取りが行われている

・相手も楽しそうで盛り上がる会話が多くなる。

・こちらの返信がなくても相手からメールが来る

・相手からあなたに対し質問が増える   等々・・・

 

これらの兆候が見え出したら、ようやく相手を誘ってもいいかな?の状態になります。

相手から誘われるのがベストですし、相手と電話で話せる関係になっていることがベターですが、自分に興味ある反応があればGOサインです。

ではここからメールで誘うポイントや流れをお話していきましょう。

 

 

お誘いメールのポイントと注意点

 

1.相手と寄りを戻したいという前掛かりな気持ちを抑え、「人としてあなたに興味があるだけだよ」的なニュアンスが伝わるように。

2.いきなり予定を押し付けるのではなく、事前に「またいつか行けたらいいね」「機会があれば行こうね」というようにジャブ的な会話を入れておく。

3.ジャブを入れてからしっかり期間を空けて再度誘うこと。空ける期間は相手との状態にもよりますが、数週間から1、2ヶ月を目安に。

4.唐突に誘うのではなく、メールが盛り上がっているタイミングや自然な会話の中で誘うこと。

5.友達感覚で、さらっとストレートに誘うこと。遠回しで曖昧な誘い方はしないこと。

6.相手から満更でもない返信があれば、いきなり日時を限定するのではなく、徐々に絞っていく方法で。

7.まずは食事程度から。気楽に近場でご飯を食べるところから始めましょう。

8.相手が「あ、行ってみたいかも」と興味を持ってもらえる相手好みの場所がベスト。お酒が好きなら美味しい日本酒のあるお店、好みの音楽が流れているお店、好きなタレントがおすすめしていたお店など。

9.会うための動機付け、理由付けがあればベスト。

 

 

 

会う約束までの簡単な流れ

 

1.誘いとは関係のない要件・相談でのファーストコンタクト

2.その件についてのやり取り

3.やり取りの中で「最近どう?」的な近況伺い

4.最初の要件とは関係なく会話を続ける

(相手が自分に対し少しInterestの状態だと感じる)

5.会話の中で「また行けたらいいね」のジャブ的な誘い

6.最初のジャブ誘いから期間を空ける。その間も会話で盛り上げていく

(相手が自分に対し強めのInterestの状態だと感じる)

7.期間を空け、会話が盛り上がっている状態の中、自然な流れで本誘い

 

 

お誘いメール例文

 

例1

「(色々な会話をして盛り上がる)~ そういえば去年行けなかったクレープ屋さん、友達が行ってメッチャ美味しかったって言ってたから、食べに行かない?」

 

例2

「(色々な会話をして盛り上がる)~ そういえばこの前〇〇のこと、ありがとうね。ホントに困ってたから助かった(ホッ) お礼に食事ご馳走したいんだけど、どう?」

 

例3

「(色々な会話をして盛り上がる)~ そうそう、お笑いといえば 〇〇(復縁相手)ってTKOの木下さんが好きって言ってたよなぁ。木下さんの実家がやってる鉄板鍋屋がメチャ美味しいみたいやねんけど、行ってみいひん?」

 

 

 

そして最後に・・・

もし断られたときの対応ですが、

 

「そっかぁ~ 残念><」

「了解~ また今度ね♪」

 

くらいのあっさりした返事で大丈夫です。

ガツガツ感は絶対に抑えて、未練のないことが伝わるような自然と明るい対応をしておきましょう。

知っておいてほしいのは、断られたからといってあなたのことを完全に否定しているわけではないということ。まだ会うのは気まずく感じていたり、勘違いされると困ると思っていたり、相手の心の準備が整っていないだけ。

誘うタイミングが早かったと反省し、引き続きメールのやり取りで相手との関係を深めつつ自分磨きにじっくり時間を使いましょうね。

そうすればまだまだ挽回は可能ですから!

 

 

次回は、私が営業マン時代に教わったことなんですが、相手からYESを引き出す会話テクニックについてお話したいと思います。

会う確率をより高めるテクニックなので、そちらも是非ご覧になって下さい♪

 

f:id:fors0206:20170709102427p:plain

 復縁屋はお客様の要望があれば復縁メールや復縁LINEの添削も行わせていただいています。復縁工作というサービスの一環として復縁したい相手との復縁メールや復縁LINEを添削する事で、お客様の変化を復縁したい相手に与える目的も兼ねています。

復縁工作というとお客様の復縁したい相手に接触し、心理誘導を行い復縁を考えさせる様に仕向けていく事だけを想像されるかもしれませんが、外的要素である復縁工作と同時に内的要素であるお客様の自己改善部分をサポートさせていただく為、復縁工作の依頼を承った後はそういったサービスも含み、内的要素からも復縁を意識させる様に仕向けていきます。

お客様と復縁したい相手の過去のメールのやり取りやLINEのやり取り等を全て網羅し、復縁したい相手の状況を復縁調査で調べ、復縁工作で接触した後、どういったメールやLINEに対して反応があるのか?を網羅した上で復縁したい相手が望む形で復縁メールや復縁LINEを送らせていただく為、復縁メールや復縁LINEから復縁に向けて内的要素を考えてくれる相手も沢山いらっしゃいます。

いつもメールを送ると返事が返って来ない…LINEを送っても既読スルーという状態から返信をとる確率も復縁屋は大幅に上げる事が可能になってきます。

当然そこには復縁屋の持っているデータベースを使った復縁メールや復縁LINEの戦略があり、段階を踏んで送る手法やすぐにでも返信をとる為の手法等が用いられ、一般の方にはそういった事は浸透していません。

復縁のプロだからこそ出来る復縁屋の復縁メールや復縁LINEは復縁工作のサービスの一環としてある事を忘れない様にし、そういったものも有効活用していく為に復縁屋に依頼すると一人で復縁を考える方よりも復縁成功率が飛躍的に上がるのです。