復縁 blog

あなたの復縁、応援します!的な。心のダムに水を注ぎ込もう!的な。

復縁成功事例から学んでみよう

今日は、実際に寄せられた復縁成功事例をケース別に紹介します。

そこから復縁するためのキーポイントを読み解いていきましょう。

 

 

case1. 時間を置いてみた

・自分から別れを切り出したが、1年振りにふと連絡を取りたくなって「元気?」と連絡した。そこからご飯に行くようになり、復縁しました。(29歳/事務職)


・『別れよう』と言われて一切連絡しなかったら、向こうから『もう1回やり直したい』と言ってきた。(28歳/美容師)


・別れて半年後、フェイスブックで彼から友達申請がきて、何気なく承認したら、すぐに「久しぶり。元気?」というような簡単なメッセージが送られてきました。そこから会話が弾んで、もう一度会うことになりました。(32歳/事務職)


・いったん遠距離で別れたのに、向こうから1年後に連絡があった(29歳/飲食店)

・自然消滅的に別れた彼に、3ヶ月くらいして「久しぶり」的に電話をかけ何気ない話をして、そのうちに暇があったら遊んで♪と頼んでみたのがキッカケでした(21歳/学生)


・別れてから暫くたって、携帯電話を変えました。そのときに、電話番号とメールアドレスを変えたことを皆に一斉送信しました。元カレにも同じように送ったら、返信が来たのがキッカケで復縁しました。(29歳/事務職)

 

成功POINT

・自ら不自然に近づいたり、気持ちばかり焦って相手と接近しようとしてはいけない。じっくり頃合を見て、今なら自然と会話が成り立ちそうな時期を図ることが重要。
・特に相手が男性の場合は、まず放って置くのが一番。男は見栄を張る生き物で、別れたことを後悔してても直ぐには素直にならないもの。時間を置いて相手を上手く立ててあげることが効果的。

 

 

case2. 自分を磨いた・変化させた

・振られてから彼氏を見返してやろうとダイエットした。その甲斐もあり、向こうから「もう一回付き合おう」って言ってきました。(25歳/営業職)


・とにかく稼いだ。中古のゲレンデヴァーゲンを買った。彼女が戻ってきた(30歳/営業職)


・学生時代に付き合っていた人と同窓会で再会し、メイクと洋服に気合いを入れたら、向こうから告白してきた。(28歳/事務職)


・とにかく仕事に没頭した。表彰されたり、役職も与えられた。どこで聞いたか分からないが、彼女のほうから連絡があり、復縁に至った。(30歳/営業職)


・もともと海外が好きで一人で色んなアジアの国に行っていた。そこでの出来事をフェイスブックでUPしてたら、元カノが見ていたらしく、連絡がきた。(32歳/自営業)


・友達の結婚式で元彼も来ていた。来ることを知っていた私は、メイクも衣装もバッチリで出席した。やっぱり人の結婚式って良いものでもあり、自分も結婚したいなって気持ちにさせるのでしょうか。向こうから「やり直したい」って言ってきました。(33歳/販売職)

 

成功POINT

SNSや友達伝いで別れた相手の情報が入ってくることもしばしば。あなたが頑張っている姿は相手にもきっと届くはず。とにかく自分を磨くことが最優先事項です。
 ・何かに一生懸命取り組んでいる姿は格好いいし美しい。そんな魅力的なあなたを周りの異性は放っておけなくなる存在に。そうなれば自然と復縁への道も開けるのです。
・自己改善が進み、相手に早く伝えたい気付かせたいなら、復縁工作を依頼するのも成功POINTの一つ。

 

 

case3. メール・LINEで

・特に何でもない日でしたが話したくなり「久しぶり。元気してた?」と急にLINEを送りました。そこからもう一度付き合うことに。(32歳/家事手伝い)


・社会人になってからどのように過ごしているのかメールを送ったら、相手から返事が返ってきた。そこから自然に仕事の悩みを話合う仲になりました。メールで悩みを話し合っているうちに、1回会って話そうか?という流れになり、自然と会うようになりました。その時お互い恋人がいなかったため、会う回数も増え、自然と再びお付き合いを始るようになりました。(26歳/販売職)


・友達に送ったつもりのLINEが間違って元彼に送っていた。慌てて「ごめん、間違いました」って送ったら、なぜかそのままLINEで話すようになって・・・(26歳/事務職)


・久しぶりに「おひさしブリーフ」ってLINEのスタンプを送ったら、「元気ですか~!?」の猪木のスタンプが返ってきた。そこからスタンプ合戦が始まり、ヨリが戻った。(30歳/自営業)


・めちゃめちゃ喧嘩して別れた相手だったんですが、2年くらいして「久しぶり」のメールから「あの時はゴメンね」と送ったら、相手からも「こっちこそゴメン。あの時は俺も仕事で色々とあったから・・・」的なメールが返ってきて、お互い素直なメールのやり取りが始まった。お互い2年経って大人になったね!みたいな感じでまた付き合うようになった。(28歳/販売職)


・元カレの誕生日だったので、メールを送ったら返信が来てヨリを戻す形になりました。(20歳/学生)


・別れてからずっと彼には連絡せず我慢していたのですが、友達が色々悩んでいたので、彼にその友達にどうアドバイスしてあげたらいいか、などを電話で相談しました。
そこからお互いの話にもなり、復縁する形になりました。(32歳/事務職)

 

成功POINT

「復縁したい」という気持ちを抑えること。相手に「昔付き合っていた彼氏・彼女」ということを感じさせずに「友達」として会話をすることが大切。面倒くさい存在にならないように。
相手を気遣える、相手を立ててあげる、相手の話をしっかり聞いてあげる、共感してあげる。特に相手が男性なら頼られて嬉しくない男性はいません。相手が女性なら話をしっかり聞いてくれる相手には必ず好意を持ちます。
・間違ったふりメール。姑息ではありますが、キッカケ作りには有効。ただし一歩間違えると相手に悟られる危険もあるので、また次の機会にコツを伝授します。

 

 

case4. 偶然・運命的スチュエーション

・たまたま地元のコンビニでばったり会い、時間に余裕があったので、また会おうと話して、それで復縁することになりました(26歳/技術職)


・3年ぶりくらいに地元の高校時代の同窓会があって再会しました。お互い彼氏彼女もいなくて、その後2人で飲みに行って復縁することになりました。(23歳/販売職)


 ・白馬のスキー場で偶然会った。向こうは女友達ばかりでこっちは男友達ばかり。グループ内で僕達以外にも2組のカップルが誕生した。これが正にゲレンデマジック。(29歳/技術職)

 

成功POINT

・偶然を待つ。(何年掛かるか分かりませんが、おすすめできません)
復縁工作で偶然を装うスチュエーションを作る。
私たちのような復縁屋は、偶然を演出して再会を果たしていただきます。偶然というスチュエーションには運命を感じる人は多いものです。復縁屋を利用するのも成功POINTのひとつではあります。

 


どうでしたか?復縁するキッカケは山ほどあります。しかしあなたが常に復縁できる状態でなければいけません。その為には、時間を置きながら、その間に自己改善する、そして偶然的なスチュエーションで再会できたらベストですね。偶然の再会はなくとも、連絡を取り、相手をしっかり思いやれる楽しませる会話ができれば良いですね。
相手はかつてお付き合いしていた人なので、会えば自然と付き合っていた当時の「気安さ」や「親しみ」を感じるものです。
一緒にいる時間を同じように「楽しい」と感じてくれれば復縁成功の道は近づきます!

 

復縁工作とは、復縁屋が行うサービスを全てパッケージ化したモノを言い、復縁アドバイス、復縁調査、復縁したい相手へ対しての接触等を総称したモノを言います。
復縁に良くある自分自身を磨くといった自己改善を行われた所で、相手にその改善結果を見せる事が出来なければ復縁は難しい。そのための人と人との繋がりを仲介する役割を持つモノが復縁工作なのです。逆に、復縁したい相手に心理誘導を行い復縁を考えさせた所で自己改善が出来ていない状態であれば、それもまた復縁は難しいのです。
自己改善や相手に対する接触による工作が成功した後は偶然を演出して再会を果たす事も行い、復縁に向けて1人では出来ない部分をサポートさせていただくサービス全般を復縁工作と言います。
現実問題として、一度関係が切れた相手との復縁は一人で行う事はとても難しく、キッカケやタイミングが重なる事で「縁」を取り戻し、復縁へと至りますが、復縁のキッカケやタイミングを作り、心理誘導から復縁について意識を傾けさせるといった偶然を人工的に作り出すといった内容も復縁工作には含まれます。
復縁工作には依頼者とパートナーを偶然を装って再会させるという利用方法以外にも工作員がパートナーに接触し、復縁に向けた心理的誘導を行う。パートナーから依頼者のどんな部分が嫌な所があり、どんな部分が良くてお付き合いをしていたのか?等の複数の有効利用があります。
復縁に向けた自分磨きへの活用や偶然の再会を演出する事、復縁に向けた心理的誘導等、復縁したいと思っている方に必要なパッケージが復縁工作であり、復縁のプロが協力させて頂くサービスになります。
復縁工作の対応地域については大概全国での対応を復縁屋は行っていますが、復縁工作対応地域は復縁屋によって異なるケースもありますので復縁屋にご相談の際は対応地域に関してもご相談下さい。
復縁屋ジースタイルでの対応地域はコチラを参照下さい。