復縁 blog

~あなたの復縁、応援します!的な。~

ドラマ「奪い合い、冬」から復縁を紐解いてみよう

 f:id:fors0206:20170713193509p:plain

昨年冬、話題に?なったドロ沼愛ドラマ「奪い合い、冬」
見てた人も多いのではないでしょうか。私も毎週楽しんで見てたのですが、とにかくスゴイんですよ。
なにがスゴイって・・・とにかく水野美紀さんの演技がスゴイ!というよりエグイ!!
あとは、ダレノガレ明美ちゃんの演技、突っ込みどころ満載で...(笑)
今日は復縁のために役立つポイントとやってはいけない危険ポイント(絶縁ポイント)を、この「奪い合い、冬」のストーリーから(無理やり)学んでいきましょう!!

 

 

第1話

デザイン会社で働く池内光(倉科カナはある日、アシスタントで恋人の奥川康太(三浦翔平)からプロポーズされる。彼の大きな愛に包まれ、光は幸せを噛み締めていた。

 そんな中、光は会社を代表し、建設会社のコンペに参戦することになる。光を励まそうと、会場に向かうエレベーターの中でキスをする康太。だがその瞬間、ふいに開いた扉の向こうにいたのはライバル会社のデザイナー・森山信(大谷亮平。彼こそは、かつて光が死ぬほど愛した男、そして…3年前に突然、好きな人がいると告げ、姿を消してしまった男だった!

 とっくに記憶の彼方へ飛んでいったはずなのに…。止めどなくあふれ出す信との思い出。だが、そんな事実を康太に告げられるわけもなく、光はただひとり激しく動揺する…。しかも、その日を境に、幸せで輝いていた光の人生に、どんよりと影が差し始める。一人息子の康太を溺愛する美佐(榊原郁恵)は、光のことが気に入らず、身辺を調査。一方、信の妻・蘭(水野美紀は、最愛の夫に変な虫がつかないよう、鋭く目を光らせていく…!

 

復縁ポイント:偶然・偶発的な再会のスチュエーション。

       ↑↑ 偶然=運命と感じやすい。

         相手と会えそうな場所に偶然を装い行ってみたり復縁工作してみよう。

         但し相手から魅力的に映る自己改善・自己研鑽ができていればの話です。

絶縁ポイント:相手の身辺を自ら調査する。

       ↑↑ 絶対やめましょう。気になるなら第三者や復縁屋に相談しましょう。

 

第2話

3年前に突然姿を消した元彼・信(大谷亮平との再会を果たし、心が大きく揺れ動く光(倉科カナ。そんな中、光はよく足を運ぶ思い出の場所で、信とまたも遭遇してしまった。自分の心は今や信にない――そう自らに言い聞かせるためにも、翌日、光は2人で会った事実を婚約者・康太(三浦翔平)に告白。だが、その際、アクシデントで信に抱きしめられたことだけは、どうしても言えなかった…。

 康太に頼まれ、光は信との思い出の場所へ康太を連れて行くことに。ところがそこで、信の妻・蘭(水野美紀と会ってしまう! 実は、蘭は日々GPSで信の動きを監視していた。もちろん、光も康太も、蘭が何者であるか知る由もない。そんな2人の前で、蘭は一突きで光の心臓をえぐるような、陰険な行動に出る!

 その後、光を早く自分だけのものにしようと焦った康太は“ある計画”を練り始める。一方、信は3年前に何があったのか、すべてを光に打ち明けようと決意。光を呼び出すが、それが“とんでもない恐怖の事態”を呼び寄せてしまう――。

 

復縁ポイント:思い出の場所をスチェーション。

       ↑↑ 2人で訪れることでいい雰囲気になることも・・・。

       思わぬアクシデントでトキメキ度UP。

       ↑↑ アクシデントやトラブルがあると人恋しくなるものです。

絶縁ポイント:相手をGPSで監視する。

       ↑↑ 絶対やめましょう。犯罪行為です。

 

第3話

光(倉科カナは婚約者の康太(三浦翔平)と2人きりで、一泊で熱海へ温泉旅行に出かけることに。光は元彼の存在を必死にかき消しながら、康太との時間を楽しもうとする。かたや、康太は、同僚・秀子(秋元才加のいらぬ入れ知恵のせいで、光が今も信の誕生日をスマホの暗証番号にしているのではないか…と疑っていたのだ。
 その頃、光と夫が再接近していることを嗅ぎ付けた信の妻・蘭(水野美紀は、“背筋も凍るような攻撃の数々”を虎視眈々と企んでいた。その手始めとして、なんと信を伴って光の会社へと踏み込んでいくことに! それを機に起こった“ある騒動”が起爆剤となり、光と康太の心にはさらに大きなうねりが生じる。

 そんな中、光は康太に断り、信のもとを訪れる。目的は信の忘れ物を届けること――ところが、この行為がとんだ命取りとなってしまう!

復縁ポイント:忘れ物を理由に連絡、近付く。

       ↑↑ 相手に自分の気持ちを悟られずに連絡が取れる手段のひとつ。

         ただ嫌われていたり避けられている状況なら控えてください。

絶縁ポイント:相手に重いと感じさせる行動を取る。

       ↑↑ 別れた直後の焦った行動・言動は復縁を遠ざけます。

 

第4話

元彼・信(大谷亮平とキスしたところを、その妻・蘭(水野美紀に見られてしまった光(倉科カナ。その日から、彼女のSNSには「淫乱」「泥棒」といった罵詈雑言の数々が書き込まれることに…。そんな折、光の婚約者・康太(三浦翔平)を狙う同僚・秀子(秋元才加が、蘭と接触。女同士が結託し、光に“天罰”を与えようと画策しはじめる。

 一方、どういう風の吹き回しか、あれほど結婚に猛反対していた康太の母・美佐(榊原郁恵)は、態度を軟化。光を家に招き、これまで散々嫌がらせをしたことを詫びる。ところが、そこへ思いがけない宅配便が届く。その中身を見た康太は突然、光の目の前でとんでもない行動に出る!

 そんな中、光と康太は“ある目的”を果たすため、信と蘭の家を訪問。そんな2人を、蘭は冬の海へと旅行に誘う。今彼と元彼、その妻との4人旅行…。その先に待つのは地獄か、天国か…!?

 

復縁ポイント:守ってあげたいと思われる女性でいること。

       ↑↑ 頼られることを心地よいと感じる男性は多いもの。
         守ってあげたいと思う母性が芽生える女性も多いのも事実です。

絶縁ポイント:相手の今彼・今彼女を陥れようとする。

       ↑↑ 問題外です。自分で掘った穴に自分が落ちる羽目になるでしょう。

         やるべきことは、今彼(彼女)より魅力的になれるよう努力することです。

 

第5話

元カノ・光(倉科カナと妻・蘭(水野美紀の前で、「俺はまだ、光のことが好きだ」と、衝撃の告白をした信(大谷亮平。その現場を目撃した光の婚約者・康太(三浦翔平)は信につかみかかる。ところが、制止に入ろうとした光を弾みで突き飛ばし、気絶させてしまう結果に…。

 一方、蘭は信への愛憎の念をますます膨らませ、挑発的な行動で信を追い詰めていく。ついに信は家を出て行ってしまい、そのことに激しいショックと怒りを覚えた蘭は、康太の母・美佐(榊原郁恵)に接近! これまでとは違った方法で、光に対する攻撃を企てる

 そんな中、嫉妬心を爆発させた康太は、以前とは別人のように暴走。なんと、休日に光が信に会いに行けないよう、家の中に監禁し始める! 恐怖で怯える光…。さらに、蘭が光の母・麻紀(キムラ緑子にまで魔の手を伸ばし始めた! 光はついに、蘭との直接対決を決意。一方、信には、思わず言葉を失うような“残酷な運命”が忍び寄る――。

 

復縁ポイント:両親や兄弟など身近な人から大切にすることを忘れない。

       ↑↑ 身近な人を大切にできない人は、復縁できても相手を大切にできません。

絶縁ポイント:感情的になる。暴力的になる。

       ↑↑ 二度とあなたの元には戻らないでしょう。冷静さを失ってはいけません。

 

第6話

光(倉科カナはすべてを振り切り、元カレ・信(大谷亮平のもとへ。愛を確かめ合った2人は「ずっと一緒にいよう」と誓う。一方、結婚目前で愛する光を奪われた康太(三浦翔平)は自暴自棄に…。信の妻・蘭(水野美紀もまた、夫への未練と光への恨みで、ますます取り乱していく。そんな中、蘭は康太に接触。ところが何を思ったか、康太が不意を突く行動に…! 蘭に何やら重大な秘密があると感づいた康太は、その秘密を暴こうと暗躍し始める。

 その頃、信は医師から、自分の命が残りわずかだと宣告されてしまう。今度こそ光を幸せにしようとした矢先の、残酷すぎる運命…。考え抜いた挙句、“ある決心”をした信は、何も知らない光をかつて初デートで訪れたスケート場へ誘う。だが、そこで光も信も予想だにしなかった出来事が起こり…!

 一方、信の子どもが欲しい一心で体外受精をしていた蘭は病院へ。医師の話を聞いた直後、真意の計り知れない不気味な笑みを浮かべ…!? それぞれの愛を、それぞれのやり方で貫こうとする光と信、康太と蘭。そんな中、信が突如、姿を消してしまう――。

 

復縁ポイント:障害や困難が高いほど、乗り越えた時の幸せは大きい。

       ↑↑ 相手がこの世にいる以上「諦め」ないで下さい。

         東野幸治さんも大きな障害を乗り越えて復縁し、幸せを築きましたから。

絶縁ポイント:妊娠したなど嘘をつく。

       ↑↑ 浅はかな考え方です。いずれバレて二度と修復できない関係になります。

 

最終回

婚約者だった康太(三浦翔平)と別れ、ようやく奪い返した元カレ・信(大谷亮平と一緒になる道を選んだ光(倉科カナ。だがその矢先、信が病で余命わずかであることが判明…。さらに、康太が信の妻・蘭(水野美紀の重大な秘密を暴いてしまった! それは、蘭と信が結婚するきっかけとなった、蘭の足のケガに関する秘密で…

 その直後、信がまたしても倒れてしまった。光から信の健康状態を聞かされ、激しく取り乱した蘭は、何が何でも夫を取り返そうと決意。これまで語られることのなかった蘭の“衝撃的な本音”を知った信は、なんと蘭とともに光の前から去ってしまう! 大切な人を失い、呆然とする光…。そんな中、信が康太に、光への“決死の伝言”を託してくる。しかし、光を愛する康太は「そんなことできるわけない」と、跳ねのけ…

 奪われたら、奪い返せ――冬の海のように荒れ狂う“奪い愛”。激しすぎる愛はやがて、目を疑うような“大どんでん返し”を迎える・・・!!

 

復縁ポイント:相手が弱ってる時に支えになってあげる。

       ↑↑ 相手の存在が大きく映るときです。

         そのようなスチュエーションに恵まれたなら、献身的に尽くしましょう。

絶縁ポイント:ケガや病気をしたと嘘をついてまで関係を保とうとする。

       ↑↑ 嘘はあなたの信用を失墜させます。

         嘘を考える時間があるなら、より魅力的になる方法を考えましょう。

 

 

どうでしたでしょうか。少しこじつけた感じではありますが、相手がこちらに振り向いてくれる行動であったり、逆に心がより遠のいてしまう危険な行動であったりと「奪い合い、冬」には散りばめられています。
機会があれば一度見てくださいね。なんせ水野美紀さんがスゴいですから(笑)
 

復縁屋ジースタイルでは、別れ方は人それぞれあるのでしょうが、復縁したいと真剣に悩まれている方に全力で復縁にむけてのサポートをさせていただきます。復縁したいと考えている方からの相談をお待ちしています。