復縁 blog

~あなたの復縁、応援します!的な。~

復縁相手との会話テクニック(基礎編1)

今日からは、復縁相手と対面して会話をする上での会話テクニックについてお話していきたいと思います。
この会話テクニックは、復縁相手に限らず、合コン・婚活パーティの出会いの場やビジネスでの商談・上司や先輩との会話など、あらゆる場面での会話にも使える基本テクニックですので、しっかり身に付けましょう。
今回お話しする内容は「ゆっくり話す」についてです。
「当たり前だよ」「簡単だよ」と思われる内容かもしれませんが、コミュニケーションを取る上での基礎であり最も重要な技術になりますので、疎かにせずしっかり身に付けていただきたいのです。
野球で言うなれば、キャッチボールにあたる項目です。相手が捕球しやすい胸元に投げてあげること。
会話においてもしっかり丁寧に相手の胸元に球(言葉)を届けることが大切なのです。

基礎1.ゆっくり話す

基礎といっても意外と出来ていない人が多いのが「ゆっくり話す」こと。
緊張や焦り、余計な間を空けたくない、自分の想いを伝えたい、復縁相手を前にするとどうしても早口になってしまうものです。
早口では、伝えたいことも伝わりません。復縁という恋のプレゼンテーションを達成するためには、「ゆっくり話す」ことがとても重要になってくるのです。


では、「ゆっくり話す」ことで得られるメリットを挙げてみましょう。


◎自分の言いたいことか相手にきちんと伝わるようになる
◎説得力と信頼感が増し、相手を納得させる話ができるようになる
◎自然と呼吸が深くなるので、メンタル的に安定する
◎余計なことを言わなくなり、無用な失言をしなくなる
◎自分のペースを崩さず、相手の気持ちを上手にコントロールすることができる
◎どんな相手とも、感情的にならず、冷静な話し合いができるようになる
◎知的でエレガントな印象を相手に与えられる
◎異性間において、女性には自信が伝わり、男性には安心感が伝わる

 

等々、ゆっくり話すことのメリットは沢山あります。

 

f:id:fors0206:20170716201017p:plain ←ゆっくり話す第一人者(笑)

 

例えばですが、美貌に恵まれているというだけでなく、なぜか人の心を惹きつけてしまう魅力を持った、いわゆる「魔性の女」といわれるような女性がいます。
そういう人に、おそらく、早口の人はいないと思います。
銀座や六本木のナンバーワンといわれるような女性も、よく観察してみると、非常にゆっくり話していることがわかります。
ゆっくり話す彼女たちは、つねに自然な呼吸ができ、自律神経が安定しているため、自分を見失うことがありませんし、相手のこともよく見えています。ですから、つねに自分のペースを崩さず、相手の気持ちを上手にコントロールすることができるのですね。

では、「ゆっくり」とは、どれくらいのスピードで話すことを言うのでしょうか。
ゆっくりにも限度がありますからね。
一般的に言われているのが、一分間で400文字が適切と言われています。
例を挙げると、オバマさんの大統領就任演説のトークスピードがほぼほぼこの一分間400文字と言われてます。

ただ注意点としましては、復縁したい相手がかなりの早口な人の場合は、話すスピードを気持ち早めてあげましょう。
会話の速度が相手と違いすぎると、相手にストレスを与えてしまいます。
この事からまとめますと、相手とのテンポに大きなズレが生じない程度に一分間400文字前後で調整し「ゆっくり話す」こと、ということですね。
そうすれば相手は心地よくなり、会話の雰囲気が良くなる傾向が高くなります。

・・・まとめ・・・
どうでしたでしょうか。意外と難しくないですか?
そうなんです。難しいですし、奥が深いですよね、会話って。

私が営業の仕事をしていた時の話なのですが、お客様との商談に行く前は、より商品の魅力が伝わるようゆっくり話す仮想プレゼンの練習(ロープレ)をして出て行ってたんです。でもいざお客様と対峙すると、あれれれ・・・めちゃめちゃ早口になってしまうんですね。

なので皆さんも、「ゆっくり話す」ことが自然と意識できるようになるまで練習を繰り返し、人の心を魅了するコミュニケーション力を身に付けてください。
そうすれば、復縁相手もあなたの魅力を再認識することになるでしょう。

 

f:id:fors0206:20170716200026p:plain

復縁屋ジースタイルでは、別れ方は人それぞれあるのでしょうが、復縁したいと真剣に悩まれている方に全力で復縁にむけてのサポートをさせていただきます。復縁したいと考えている方からの相談をお待ちしています。