復縁 blog

~あなたの復縁、応援します!的な。~

復縁のための効果的な謝り方

・・・はじめに・・・
私、福縁の助は、復縁自体を出来るだけ“前向きに明るく考えていきたい”という思いでブログを書いています。
少しでも多くの人が、ポジティブに復縁へと進んでいただけることを心より願っております。

 


復縁のための謝罪の必要性
復縁では素直に謝罪をすることはとても大切なことです。
ただし、別れた原因や相手が別れを切り出した理由によって、本当に謝罪が必要なのか必要でないのかは変わってきます。

相手に好きな人ができただけなのに、謝罪のLINEやメールを送ったところで相手は鈴木雅之になるだけでしょうし、元々恋愛感情が薄いまま付き合い、「やっぱりこの人と付き合うのは無理がある」と別れを切り出した相手に対して謝罪したところで、同じように鈴木雅之になってしまいます。どちらも私の気持ちが分かってない人と思われるだけで全く効果はないですよね。


あっ、ちなみに鈴木雅之とは、日本の代表的なソウルシンガーで代表曲の一節「違う違う~ そうじゃ、そうじゃなぁい~♪」という意味を表しております。

 

「違う違う~ そうじゃ、そうじゃなぁい~」例1

 


「違う違う~ そうじゃ、そうじゃなぁい~」例2
   

とにかく「違うのよ、そうじゃないの。分かってないわねこの人」と思われないように、まずは謝罪の必要性があるのかないのかを理解しないといけませんね。


つまり「自分の過ちが原因で別れたとき」以外は謝罪する必要はございません
たまにいるのですが、相手が明らかに悪いにもかかわらず、復縁したいという気持ちが強すぎて自分が謝ってしまう人。絶対にやめましょうね。
たとえ復縁できたとしても、一生その相手に恋愛イニシアチブ(主導権)を取られてしまいます。おそらくその恋愛関係は長くは続かないでしょう。

 

謝罪が必要な時と送るタイミング
では、謝罪が必要となるのはどういったときでしょうか。
他のサイトなんかを見ていると、“謝罪は早いほうが良い” “鉄は熱いうちに打て”みたいに早めの謝罪を推奨しているものも多いですね。
私の考えでは、早めの謝罪が効果的なのは、「相手が感情的になって別れを切り出したとき」だけです。
感情的になってケンカ別れした場合に限っては、相手は本気で別れようとは思ってなかったけど勢いで口走ってしまうことが多いからです。
そんな時は、少し頭を冷やす時間くらいを目処に早めの謝罪は効果的と考えられます。


では、それ以外の時ではどうでしょうか。
不満の原因にもよるのですが、別れた直後の謝罪はできるだけ控えた方がよいようですね。
不満が積もり「怒り」や「苛立ち」がピークに達している状況ですので、聞く耳を持たない、冷静でいられない感情であると考えられます。
怒りの沸点に達した状況での謝罪は、ビジネスにおいては迅速に対応すべきですが、こと恋愛に関してはそうではないようです。
こういう場合は、とくに決まりはないものの1~2週間は空けたほうが良さそうですね。時間が経てばその積もった「怒り」も少しは和らいでいくものです。

 

謝罪の仕方・謝罪メール
次に謝罪の仕方ですが、ただ謝るだけでいいという考えでは当然駄目です。
まず相手が別れを切り出した原因をしっかり理解し、反省する必要があります
相手に「とりあえずヨリを戻したいからでしょ」「調子いいこと言って、本当は私の気持ちなんて理解してないんでしょ」という風に、なぜこのような別れになったのかの本質を分かっていないと思われてしまうことは避けなければなりません。
原因が理解できていないということは、原因を改善することが出来ないと相手に感じさせてしまいます。
なので謝罪をする時には、なぜそうなったのか、それにより相手をどんな気持ちにさせてしまったのか、ということを把握し反省しておくことがとても大切なのです。

では、どのようなLINEやメール内容が良いのか。
このような謝罪メールの例がありました。(内容は少し変えています)

こんにちは。
未練がましく何度もメールしちゃってごめんね。
今は落ち着いて冷静に考えることが出来るようになりました。もう「別れたくない」ってすがったりしないから、時間がある時に、読んで貰えたら嬉しいです。
感情的になってみっともない姿を見せてしまい、◯◯君を困らせてごめんね。
私は自分に自信がなくて、余裕がなくて、愛情へのコンプレックスが極端に強くて、自分に足りないものを、ずっと◯◯君に求めてしまっていたんだと思いました。
寂しい・・・と言うのも、会いたい・・・と言うのも、◯◯君に自分を満たして欲しい、そんな欲から出てきた言葉でした。
付き合う前は、◯◯君が「もっともっと会いたい」って思う自分になりたい、◯◯君が幸せになれる自分になりたい、って思えていたのに、いつの間にかそれが当たり前だと思い込んで、自分が幸せになる為に◯◯君に求めていた事を、恥ずかしながら今実感しています。
◯◯君は感情的になりやすい私を見て、次第に素直に自分のことを話せなくなってしまったんだと思います。
「もっと正直に話してよ」って私は何度も◯◯君に言ったけど、瞬間湯沸器のように感情的になりやすい私に、自分の事を素直に話すのは難しいよね。私に気を遣って優しい言葉を選んでくれてありがとう。そして、私のせいで悩ませてしまってごめんなさい。
「私と居ると落ち着く」そんな風に言ってくれることが何より嬉しかったのに、窮屈にさせてしまっていたと思います。本当に愚かだったと思います。
でも、こんな私に対して◯◯君は「もっと自信持ちなって」とか「信用しなよ」って励ましてくれたり、いつも私をいっぱい笑わせてくれました。
誰ともまともに付き合ったことがなくて、恋愛にネガティブだった私に、恋愛の楽しさを教えてくれました。
私にとって◯◯君は、大好きな人であり尊敬できる人であり憧れの存在でもありました。私にないものを沢山持ってて、キラキラしてて、カッコよくて。そんな◯◯君とお付き合い出来て沢山の思い出を作れて本当に良かった。◯◯君と過ごしたこの3年間は誇りです。
本当に、本当にありがとう。
これが伝えたくてメールさせてもらいました。重かったらごめん。そんなつもりはないんだけど(^_^;)
これからどんどん寒くなるけど、身体に気をつけて。お仕事も頑張って。今まで以上に魅力的な人になってね。
長かったのにここまで読んでくれてありがとう。
それじゃあね!

1000文字以上の謝罪文となってました。
とても相手を気遣い、尊敬していることが切実に伝わる素晴らしい文章です。
純粋で素直な女性なんだろうなと感じます。
ですが一言、
お相手の男性の方は「絶対読みません」

この女性に未練があるなら別ですが、一度気持ちの冷めた相手の長文メールなんて、「重い」「キモい」だけでなく、「恐い」とも思われかねません。
女性にありがちなのですが、伝えたいことを詰めすぎてしまう長文は控えること
とにかく謝罪メールは、余計なことは書かずシンプルに謝罪の気持ちを伝えること

ではどのようなことに注意すれば良いのか。

1.相手に対する復縁したい気持ちを匂わせるのはNG
相手にとって、あなたとの関係はすでに過去のものになっています。
あなたと同じように、相手も復縁を望んでいるとは限らないので、注意してください。

2.未練がましい文面も控えること
「もう私は平気だから気にしないでね」
「これからは一人で頑張っていくから大丈夫」
「幸せになってね。陰ながら応援してるよ」
「もう会うことはないと思うけど、体に気をつけて頑張ってね」
こういった文章が入っていると、文章自体が重たく感じ、嫌な感じであなたの未練も伝わってしまうものです。

3.感謝の気持ちを伝えすぎるのもよくない
「今の私があるのは〇〇君のおかげだよ」
「幸せな時間をいっぱいいっぱいアリガトウ」
「〇〇君と一緒にいた時間、全然無駄だったとは思ってないから」
「〇〇君と出会えて本当に幸せでした。今まで本当にありがとう」
重たいからやめましょう。

相手が情に厚いタイプの人だったり、普段から謝ることを一切しなかった相手から誠意ある謝罪を受けた、などのレアケースはあるかもしれませんが、謝罪からすぐ復縁に繋がるケースは考えにくいことだけは肝に銘じましょう。

 次回は、実際にどのような謝罪メールが好ましいか、例文を使いながら時系列に沿って考えていきたいと思います。

 

 

最後に一発逆転を狙った謝罪メールの成功例をご紹介します。
非常に危険でリスクのある謝罪メールですので、成功する保障は全くございません。


実例1.
誠意ある謝罪画像を送った
f:id:fors0206:20170729184208p:plain
この画像を真似て、実際に私が怒らせた相手に送りました。
一発で許してもらえました(笑)
ちなみに私が撮影したのはマクドナルド緑地公園店です。

実例2.
謝罪会見の動画を送った
f:id:fors0206:20170729185225p:plain f:id:fors0206:20170729185339p:plain
上記の画像は参考までに載せましたが、私の友人は彼女に対する謝罪会見の様子を動画にして送ったようです。
こちらも大成功となりました。

注)これらの謝罪方法は、使用上の注意をよく読んで正しくお使いください。